とんこつラーメン専門店「一蘭」は3月11日から順次、各所で品切れとなっている話題のカップ麺「一蘭 とんこつ」の再販売を、各地の店舗で開始する。

「一蘭 とんこつ」は一蘭として初めてのカップラーメンで、2月15日の発売から1か月を待たず、すでに総出荷数は60万食を突破しているという。 

内容量128g(めん60g)。具材無しでありながら税込490円という強気価格にも関わらず、発売直後から完売店舗が続出。「一蘭」」の店頭やオンラインショップ「おみやげ一蘭 公式通販」だけでなく、一般販売しているコンビニや量販店でも商品の入手が難しい状況になり、SNSでは「一蘭 とんこつ」を探し求める“一蘭難民”という言葉も広がった。

一蘭によると、カップ麺「一蘭 とんこつ」は、「麺」「スープ」「秘伝のたれ」それぞれについて試作・研究を重ね、20年の歳月をかけて開発した。具材を入れない理由は「ラーメン本来の純粋な味わいを楽しんでいただくため」。ライバルは「お店の一蘭」だという。

〈関連記事〉完売続出「一蘭」初のカップラーメン、「企業秘密が詰まったこだわりの味」開発秘話とは
「一蘭 とんこつ」発売直後の一蘭店頭

「一蘭 とんこつ」発売直後の一蘭店頭

 
3月8日時点の公式発表によると、「一蘭」店舗への「一蘭 とんこつ」再入荷予定日は、西日本・関西地区が「3月11日から13日までの間」、東日本・中部地区は「3月12日から14日までの間」、北海道は「3月13日から15日までの間」。ただし店舗により再入荷がない場合や、入荷日が異なる場合がある。
 
「おみやげ一蘭 公式通販」では3月8日に再販売を開始したが、間もなくアクセス集中によりサイトが開きにくい状況が発生。用意した5万食は翌日に完売し、11日時点で再入荷は未定と、いまだに「一蘭 とんこつ」人気の過熱ぶりは衰えない。今回の店舗での再販売も数量限定のため、地域の状況によっては再び即完売となる可能性もありそうだ。
 
◆「おみやげ一蘭」公式通販サイト内「一蘭とんこつ」特設ページ