エースコックは9月13日、2種類の玉子具材と卵黄風ペーストが特徴の「スーパーカップ 1.5倍 タマゴ好きのための月見風うどん」を全国で発売する。

〈関連記事〉2021年は“とろ~り月見”、ファストフード3社がハンバーガー・サンド発売/マクドナルド・ロッテリア・ケンタッキーフライドチキン

「スーパーカップ 1.5倍 タマゴ好きのための月見風うどん」は、黄身をイメージした「黄色の玉子具材」と白身をイメージした「白色の玉子具材」、卵黄風「きみまろペースト」と、タマゴ好きにはうれしい商品となっている。

“しっかりとした弾力とコシを持たせた滑らかなうどん”で、麺の重さ90gとスーパーカップならではの大盛り仕様。スープは、チキンをベースにカツオ、椎茸で旨みを加えた和風スープ。別添の「きみまろペースト」を加えることで、タマゴのまろやかさや風味を表現しているという。かやくは、黄色と白色の2種の卵加工品ほのか、かまぼこ、ねぎ。パッケージは、具材が映えるシズルと大きくあしらったメニュー表記に加え、黄色に輝くフタが店頭で目を引くデザイン。希望小売価格230円(税別)。

「スーパーカップ」は、1988年に販売を開始した、大容量カップ麺の草分け的商品。麺の重量は、同社の「わかめラーメン」が約60gなのに対し、スーパーカップは1.5倍の90gと食べ応えのある商品設計で、主なターゲットである10代をはじめとした若者の胃袋を満たしてきた。2018年からは、めん重量を100gに増量した「スーパーカップMAX とんこつラーメン/みそラーメン/しょうゆラーメン」もあわせて展開している。

なお、古くから月見の行事が行われてきた十五夜“中秋の名月”は旧暦の8月15日。現在の暦(こよみ)では年によって日付が異なり、かつ、必ず満月になるとは限らない。2021年は9月21日で、8年ぶりの満月だ。