宝島社は12月18日、全国の書店やローソン店舗などで、カップ麺「日清のどん兵衛」45周年を記念したアニバーサリーブック『日清のどん兵衛 ポーチBOOK』(税込2000円)各種を発売する。

【関連記事】「日清のどん兵衛ポーチBOOK」予約開始、付録ポーチは“どんぎつねさん”のもふもふ耳としっぽをデザイン/宝島社

デザインはグリーンの「きつねうどん」と、赤の「天ぷらそば」の2種類。

書店で販売する『日清のどん兵衛 ポーチBOOK』はグリーンの“きつねうどん”デザイン。

ローソンなどでは、書店と同じ“きつねうどん”の『日清のどん兵衛 ポーチBOOK special package きつねうどんver.』に加え、“天ぷらそば”デザインの『日清のどん兵衛 ポーチBOOK special package 天ぷらそばver.』を販売する。各商品は、地域・店舗などにより販売開始日の異なる場合がある。

『日清のどん兵衛 ポーチBOOK』付録は、「どん兵衛」ロゴにもふもふの耳&しっぽチャームをあしらった、「どん兵衛」CMでおなじみの、吉岡里帆さんが演じるキャラクター“どんぎつねさん”をイメージしたポーチ。

“どんぎつねさん”のチャームポイントである耳&しっぽを、さわり心地のファー生地で再現しているという。少しカールしたしっぽは、チャームになっており着脱可能。ポーチ外側はレザー調素材を使い、裏地にはうどん&お箸柄の生地を使っている。使いやすいサイズで、ポケットが背面と内側に計4つ付いており、ペンケースやコスメポーチ、トラベルポーチなどとして幅広く使えるという。
「日清のどん兵衛ポーチBOOK」付録ポーチ

「日清のどん兵衛ポーチBOOK」付録ポーチ

誌面では「どん兵衛」のアレンジレシピやトリビア(豆知識)などを掲載。書店版の『日清のどん兵衛 ポーチBOOK』限定コンテンツには、生地・手芸材料の専門店okadayaがレクチャーする“どんぎつね耳”の作り方も紹介している。
 
なお、どん兵衛は9月に“だし”をリニューアルした。リニューアルした商品は、「日清のどん兵衛 きつねうどん (西日本仕様)」「日清のどん兵衛 天ぷらそば (東日本仕様、西日本仕様)」。
 
「日清のどん兵衛 きつねうどん」「日清のどん兵衛 天ぷらそば」の西日本向け各商品は、本鰹と昆布のだしが合わさった特長はそのままに、“本鰹の風味と昆布の後引く旨みが増した味わい深いつゆ”に改良。
 
「日清のどん兵衛 天ぷらそば」の東日本向け各商品は、これまでの本鰹のだしに、力強い宗田鰹のだしを合わせることで、“コクと旨みが増した味わい深いつゆ”に仕上げたという。
 
日清食品によると、リニューアルの背景には、うどんなどの外食チェーンが全国的に広がったことによる、“だしグルメ”や“だし専門店”の人気がある。これまでしょうゆ感のあるつゆが好まれていた東日本で、西日本の“だし”のきいたつゆが好まれる傾向が強まっていることを受け、10年ぶりの“だし”リニューアルに踏み切ったという。