敷島製パンはこのほど、北海道江別市の「ゆめちからテラス」内に、ベーカリー「Pasco夢パン工房野幌店」「Pasco札幌セントラルキッチン」をオープンした。

同社は道央農協(北海道恵庭市)と共同で「ゆめちからプロジェクト」を立ち上げ、4月24日に複合施設「ゆめちからテラス」を立ち上げた。「ゆめちからテラス」では今回オープンする「Pasco夢パン工房野幌店」「Pasco札幌セントラルキッチン」のほか、のっぽろ野菜直売所、プチキッチンOgiOgiを展開する。

「Pasco夢パン工房」は2013年7月、北海道で同社初の直営店として、札幌市手稲区にオープンしたベーカリー店。札幌市内の百貨店の催事にも出展している。今回は2号店の出店。道央農協エリア(江別、恵庭、北広島、千歳)産の「ゆめちから」を主体とした北海道産小麦を使用。他の原材料も北海道産農産物を数多く使用してパンをつくる。

併設する「Pasco札幌セントラルキッチン」は「Pasco夢パン工房」への商品供給のフォローに加え、札幌市内の一部スーパーマーケットへ商品供給も計画する。

〈食品産業新聞 2018年6月4日付より〉

【関連記事】
・サミット新商品人気コンクール 食品2位に敷島製パン「ゆめちから小麦と米粉のロール」
・“日本初”国産麦アンテナショップ「むぎくらべ」7月2日にオープン、「実質費用ゼロで国産麦PRを」/米麦改良協会
・2018年度の食糧用小麦需給見通し、総需要573万t、内麦82万t=農水省
・道産小麦100%ピッツァ専用粉、プロにも披露/江別製粉
・国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会を開催=全国米麦改良協会