日清製粉グループの日清フーズ(株)(小池祐司社長)は、2018年秋家庭用新製品発表会を開催した。家庭用常温食品新製品の概要は次の通り。

〈お好み焼粉・たこ焼粉、おいしさ・使いやすさ一新〉
ロングセラーの「日清 お好み焼粉」(500g、希望小売・税抜398円、1kg 587円)、「日清 たこ焼粉」(500g398円)を、おいしさアップ、使いやすさ向上、パッケージデザイン改良で一新する。だしの味わいと食感を見直したほか、袋から粉を取り出しやすくなるよう、袋の材質(厚み)を改良、パッケージも売上げNo.1(インテージSRI金額シェア)であることをアイコンで追加した。「日清山いもたっぷりのお好み焼粉」(400g、308円)、「日清 だし醤油仕立てのたこ焼粉」(400g、308円)は、より高級感あるパッケージに変更した。

〈「日本コナモン協会」推薦のたこ焼粉・お好み焼粉2人前セット品〉
より本格的な味わいを求める人向けに、日本コナモン協会(熊谷真菜会長)推薦の2人前セット品3品を投入する。「日清 たこ焼十八番監修たこ焼セット」(160g、300円)は、1990年大阪・西中島に開業したたこ焼の名店「たこ焼十八番」監修のセットで、えび粉末入り揚げ玉をたっぷり使い、店で提供されているたこ焼のように仕上がる。「日清 お好み焼セット 2人前」(77g、300円)は、お好み焼粉、山いも入りミックス粉、えび粉末入り揚げ玉、かつお削りぶし、あおさをセット。「日清 チヂミセット 2人前」(150g、250円)は、チヂミ粉(米粉配合)、特製だれをセット。

〈日清 千切りカットキャベツで美味しい お好み焼粉〉
野菜のキャベツの価格変動幅の大きさに比べ、年間通して価格が安定している市販の「千切りカットキャベツ」に着目して開発したお好み焼粉。通常、市販のカットキャベツでお好み焼を作ると、キャベツから水分が出て、薄味に感じやすいことを独自の配合で改善、「千切りカットキャベツと好みの具材を混ぜて焼くだけで、ふんわりと軽い食感のお好み焼をつくることができる」(同社)、1枚分の使い切りタイプ。50g120円。

〈高級パン専門店「メゾンカイザー」監修パンミックス〉
全国に約30店舗展開する高級パン専門店「メゾンカイザー」が監修するパンミックス「日清 メゾンカイザー監修 ホームベーカリー用 パンミックス」(580g、380円)を新発売する。ドライイーストと水を準備し、ホームベーカリーにセットするだけで、外はパリッと、中はもっちりとした食感の本格的なパンを家庭でつくることができる。既存の「日清 ホームベーカリー用 ふんわり仕上がるパンミックス」と2品で市場を盛り上げる。

〈米麦日報 2018年8月7日付より〉