(株)大阪堂島商品取引所(中塚一宏社長)は7月16日、コメ先物の本上場を申請したことを明らかにした。これを受けて監督官庁である農林水産省は、試験上場期限である8月7日まで(営業日として実際には8月6日まで)に、何らかの判断を下すことになる。

〈関連記事〉(株)大阪堂島商品取引所、「(株)堂島取引所」へ社名変更の方針

コメ先物は72年ぶりに2011年(平成23年)8月8日から復活。以降2年に一度「試験上場」の延長を繰り返してきた。今回、農水省の選択肢は、本上場を認可するかしないか、しかないことになっている。だが前回(2年前)、前々回(4年前)も「これが最後」としながら試験上場を延長し続けてきた経緯があるため、今回「不認可」となっても即「廃止」ではなく、試験上場の延長の可能性もあり得る。

〈米麦日報2021年7月20日付〉