ビジョンバイオ(株)(福岡県久留米市、塚脇博夫社長)は9月30日まで、水稲の「葉」を検体とした「米DNA品種特定検査(イネ葉)」の特価キャンペーンを実施している。通常価格5万5,000円(税込)のところ、1検体依頼で4万1,250円(25%オフ)、2検体依頼で3万3,000円(40%オフ、1検体あたり)で提供する。

【関連記事】e-ラーニング「味覚スペシャリスト養成講座」7月25から開始/ビジョンバイオ

圃場で丈の高さや出穂のタイミングが周りと異なる株が発生した際に、その異型株の品種を特定することができるサービス。PCR法によるDNA検査を実施し、国内最多の648品種以上が登録された同社のデータベースから判別する。DNA検査のため誤判定や測定不能などが極めて少ないメリットがあり、各都道府県種子協会や単協、生産者が利用している。

検体は10~15cm程度の葉が2~3枚あれば対応可能。

〈米麦日報2022年7月26日付〉