日本緑茶センターは、9月21日「クレイジーソルトの日」を制定した。このほど一般社団法人日本記念日協会に申請し、正式に登録認定された。

「クレイジーソルト」は、岩塩をベースに数種のハーブとスパイスをブレンドした100%無添加の調味料。1960年代にアメリカで誕生し、日本では1980年から日本緑茶センターが販売を開始した。

在日アメリカ合衆国大使館から長年にわたる販売の功績を称えられ、「Hall of Fame(米日農産物貿易の殿堂)」殿堂入りを表彰された2017年9月21日にちなみ、毎年9月21日を「クレイジーソルトの日」として制定した。

日本緑茶センターでは、「『クレイジーソルト』は、どんな食材もひと振りでワンランク上の料理に仕上げてくれると人気になり、日本の食卓にもすっかり定着している。これからもさらに多くの方々にファンになってもらいたいという願いを込めて、このたび『クレイジーソルトの日』を制定した」とする。