ネスレ日本(兵庫県神戸市)と桔梗屋(山梨県笛吹市)は、ご当地土産として「キットカットミニ 桔梗信玄餅味」(9枚入り、税抜780円)を共同開発、10月15日から桔梗屋直営店および中央道サービスエリアの土産ショップ限定で先行販売する。

〈関連記事〉東京ばな奈がキットカットに しっとり感とサクサク感を融合

「桔梗信玄餅」は、1968年の発売以降、きな粉をまぶしたお餅の素朴な味わい、そこに加える特製黒蜜の独特な舌触りが人気を博し、山梨の定番土産の位置付けを確立している。今回販売する「キットカットミニ 桔梗信玄餅味」は、ウエハースの間に、きなこパウダーに加えて“桔梗屋特製・黒みつ”ともち米を粉末化して練り込み、「桔梗信玄餅」風味のチョコレートで包み込むことで、「桔梗信玄餅」ならではのやさしい味わいを実現している。

抹茶味や日本酒味といった日本ならではの「キットカット」の土産市場における人気が国内外で高まる中、ネスレ日本は今回、人気の観光地である中部・北陸地方への移動ルートとして活況を呈する中央道に注目。伝統と人気を兼ね備える「桔梗信玄餅」ブランドと「キットカットミニ 桔梗信玄餅味」の共同開発を実施した。

ネスレ日本は、「“キットカット”史上初の山梨土産を通じて、土産菓子市場ならびにチョコレート市場のさらなる発展を目指す」としている。