大手メーカーは差別化を図った商品の開発、プロモーションに意欲的に取り組んでいる。時代に左右されずに、変わらない味を求める消費者は確実にいるが、その一方で、新しいおいしさや価値観を求める消費者も存在する。魅力の伝え方や工夫次第で需要の波は来ると思われる。

中堅メーカーには今できることだけではなく、今しかできないことに取り組んでほしい。みそには、人を引き付ける魅力が秘められている。その魅力の伝え方を工夫することで、需要の波は引き寄せられるはずだ。(詳細は本紙にて)