財務省がまとめた、15年3月の輸入通関実績によれば、大豆の輸入量は前年比34.1%増の37万1,128tとなった。米国は33.1%増、カナダも47.7%と前年を大きく上回ったものの、中国は前年を下回った。

菜種の輸入量は3.3%減の22万2,946tとなった。カナダは13.2%減となったが、豪州は2万4,431tと大幅に前年を上回った。

大豆かすの輸入量は、20.4%減の14万9,430tとなっている。中国は14.1%減、韓国が31.1%減となったが、インド産は1万5,000tを超える輸入となっている。(詳細は本紙にて)