不二製油グループは、27日に品川プリンスホテルで「おいしい健康共創フォーラム」を開催した。同社のUss製法で作られた豆乳クリーム・低脂肪豆乳を中心とする、新豆乳素材を中心に広がる新市場の担い手として、各界からゲストを招き、講演や調理の実演が行われた。

冒頭のあいさつで、清水洋史グループ本社社長が「10月からグループ本社制を採用し、グローバル経営を一層推進している。社内憲法でおいしさと健康で社会に貢献し、人の為に働く事を心に刻んでいる。食品のおいしさと健康は対立しているように思えるが、人はおいしくなければ食べ続けることはなく、健康とつながっている。さらに現代では人間の健康だけでなく、資源や環境の健康とも結びついている」と語った。

続けて清水社長は共創について「Uss製法の素材は多くの料理で使われている。イタリアンでは使われた場合はソイタリアンとして、ミラノ万博でも注目されている。多くの方とおいしい健康を創っていく事が共創だ。最終的には消費者の同調が共創の狙い」と説明した。(詳細は本紙にて)