〈FDみそ汁9%増目指す、FD5食・10食セットやソイプロティンなど新発売〉
アサヒグループ食品は22日、18年度の事業方針説明会を都内で開き、売上高は前年比0.2%増の1,263億円、事業利益は4.7%増の117億円に目標を据えた。ブランド別では、錠菓「ミンティア」で4%増、フリーズドライ(FD)みそ汁9%増、ベビーフードで3%増、ヘルスケア商品「ディアナチュラ」で8%増を見込み、これら主要ブランドのベースとなる原料・技術の強化を目的に18年~20年に110億円を投資する。

17年の業績と18年の事業方針を説明した、尚山勝男社長は、「17年は主力カテゴリーが堅調に推移した。錠菓市場ではミンティアが売上金額・売上個数で市場ナンバーワンとなり前年比7%増、FDみそ汁は売上金額で市場ナンバーワンとなり8%増、ベビーフードも売上金額で市場ナンバーワンとなり6%増となった。これにより、17年実績は売上高3.1%増の1,261億円、事業利益は10.6%増の111億円となった」と好調さをアピール。成長分野のディアナチュラは17%増、シニア介護食も22%増とともに2ケタ増をマークした。売上高の伸び率よりも利益の伸び率の方が高いことに関しては、「意識的に利益率を伸ばしている。新しい価値を生み出せるようなものへの投資に利益を回し、世界市場へのアプローチに活かしたい」とし、海外戦略にも力を入れていくことを明らかにした。

本紙関連のFD商品では、「いつものおみそ汁」(各130円税別)と「The うまみ」(各100円同)の各シリーズに新アイテムを投入する。「いつものおみそ汁」では、しじみ赤だし、とん汁、あさり、焼なすの4アイテム、「Theうまみ」では、トマトとガーリックの2アイテムを投入する。

人気の商品を詰め合わせた多食用「いつものおみそ汁5種バラエティセット」(5食)、「同減塩」(同)「同10種」(10食)も発売する。5食用のフレーバーは「なす・とうふ・なめこ(赤だし)・赤だし(三つ葉入り)・野菜」、10食用はこの5食用に加えて、「焼なす・ほうれん草・長ねぎ・しじみ(赤だし)・とん汁」とした。
「いつものおみそ汁10種バラエティセット」

「いつものおみそ汁10種バラエティセット」

「ディアナチュラ」からは、プロテインパウダー「ソイプロテインソイミルク」(2,400円税別、360g)と「ホエイプロテインカフェオレ」(2,200円同、同)の2アイテムを発売する。たん白質、ビタミン、ミネラルなど全23種の成分を配合した。スプーン3杯(22.5g)で乳酸菌1億個、たん白質15g、ビタミンとミネラルは3分の1日分が摂取できるとしている。

〈大豆油糧日報 2018年2月26日付より〉

「ディアナチュラ ソイプロテインソイミルク」

「ディアナチュラ ソイプロテイン ソイミルク」

【関連記事】
「No.1としてビール市場の改革元年にする」―アサヒビール18年方針
〈第47回食品産業技術功労賞〉アサヒビール「クリアアサヒ 贅沢ゼロ」
アサヒビール台湾を設立、1月から業務開始、早期に100万c/s達成へ
アサヒ飲料、深化した「健康チャレンジ!」全社一丸で健康に貢献