〈若い女性がおいしいと思う豆腐を開発、TGCを発表の場に/鳥越社長〉
相模屋食料は26日、東京・渋谷のエルカフェで新商品「BEYOND TOFU」の発表会・試食会を開催した。

開催あいさつした、鳥越淳司社長は「豆腐業界のリーディングカンパニーとして、伝統食品として衰退しつつある豆腐を進化させ、おもしろくしようと取り組んでいる。伝統的な豆腐作りの技術を追求すると同時に、時代に合わせた豆腐の進化、発展を考えて取り組んでいる。伝統的な豆腐、木綿や絹では、できたてのおいしさを実現したホットパック製法を実現した。厚揚げでもヒット商品の『焼いておいしい絹厚揚げ』を展開してきた」と述べた。

さらに鳥越社長は、豆腐の新しい世界について「レンジアップ商品や豆腐麺など新カテゴリーを創造してきた。代表的な商品は『ナチュラルとうふ』シリーズになる。若い女性向けの豆腐で、業界では関心が無い世代とされてきたが、実はダイエット目的として、よく豆腐を食べている。だからこそ、若い女性がおいしいと思える豆腐を開発し、東京ガールズコレクション(TGC)を発表の場としてきた。豆腐業界はこの世代に向けた何もしてきていなかった。『BEYOND TOFU』は低脂肪豆乳と発酵技術により、豆腐がさらに進化した。チーズのような食感を実現し、植物性100%なのにおいしい。削る、かける、溶けるなど、用途が広く、今まで豆腐には無かったメニューに使用できる」と述べた。

続いて、TGC実行委員会の、池田友紀子チーフプロデューサーは「TGCと相模屋食料の取り組みは3年半になるが、当時はオーガニックが一般的になり、ビーガンやスーパーフードが注目され始めていた。相模屋食料の新商品は女性向けで、革新的、未来に向けた豆腐で、トレンド感度の高い女性から受け入れられている。またTGCでは化粧品メーカーなどの出展ブースで、サンプル配布を行っているが、相模屋食料のブースが一番の行列を作っている。豆腐を持って写真を撮っている」と話した。
TGC実行委員会・池田友紀子チーフプロデューサー

TGC実行委員会・池田友紀子チーフプロデューサー

試食会では当日限りのメニューとして、「BEYOND TOFU」を使用したカプレーゼや、サラダ、マリネ、チーズケーキなどが提供された。

〈大豆油糧日報 2018年3月29日付より〉

【関連記事】
USS低脂肪豆乳と発酵技術の"BEYOND TOFU"を新発売、鳥越相模屋食料社長「奇跡の豆腐」
日本ビーンズを子会社化で事業継続支援、豆腐業界再編へ-相模屋食料