おとうふ工房いしかわは、三重県三重郡の豆腐メーカー・八里屋の発行済み株式の過半数を取得し、4月1日付で子会社化した。

同社では子会社化の狙いについて、「八里屋は百名水の鈴鹿山系伏流水を使用できるほか関西市場向けに、揚げ物関連で、揚げ出しや生揚げなど加工品をメーンに生産・出荷できる立地にある。またロングライフ商品により、中四国から南関東までの広域流通にも対応していく。生産能力としては、第4工場稼働前と比べ約2倍となる。また八里屋、本社近辺にも余剰地があるので、新しいタイプの豆腐生産を進めていく」としている。

[会社概要]
△会社名=八里屋
△所在地=三重県三重郡菰野町竹也289-1

〈大豆油糧日報 2018年4月12日付より〉

【関連記事】
「豆腐資機材フェア」4月21~22日に東京ビッグサイトで開催/22日、おとうふ工房いしかわ・石川伸社長が講演予定
〈第47回食品産業技術功労賞〉おとうふ工房いしかわ「おからパウダー」