〈豆腐公正競争規約委員会で公開討議、油揚げの試食・直売会など実施〉
日本豆腐機器連合会と全日本豆腐機械連合会、全国豆腐連合会、日本豆腐協会、関豆ブロック協議会の共催で「豆腐資機材フェア ソイメックス(SOYMEX)」が4月21、22日、東京ビッグサイトで開かれる。最新の資機材に関する情報を発信し、豆腐業界に新たなビジネスチャンスを生み出し、業界の発展に寄与することを目的としている。

関連イベントの日程は下記のとおりのほか、イベント会場では、全国の油揚げ約60種と、全国豆腐品評会受賞品約20種を集めた試食会(両日午前11時、午後1時、午後2時30分、各回定員50人)や、久在屋による油揚げ実演・直売が予定されている。

21日は△「競争より共創~これからの豆腐のパッケージ戦略~」松浦陽司・パッケージ松浦社長△「伝統とこだわりの油揚げ、谷口屋ブランドをつくるまで」谷口誠・谷口屋社長△「今こそ知ろう!遺伝子組み換え食品の基礎知識」天笠啓祐・日本消費者連盟共同代表、シトロンヨーコ・豆腐マイスター料理認定講師――を予定している。

22日は△「義務化に向けて知っておきたい!HACCPの基礎知識」町田秀信・日本豆腐協会専務理事△「女性目線の豆腐屋経営」石川伸・おとうふ工房いしかわ社長△「豆腐人生~京都久在屋のこれまでと仲間達へのメッセージ」東田和久・久在屋社長――を予定している。また、同日午前10時30分からは、豆腐公正競争規約設定委員会の公開討議を予定しており、豆腐の定義について改めて議論し、公正競争規約への意識喚起を図る。

〈大豆油糧日報 2018年4月4日付より〉

【関連記事】
機能性食品豆腐、夏向けフレーバー豆腐を提案-日本アクセス展示会
豆腐品評会受賞全品を試食展示、タナカショクはおつまみ豆腐紹介-和食産業展
濃厚寄せ豆腐、塩で凝固させた豆腐や油揚げなどアピール/三和流通展示会
塩分80%カットのマーボー豆腐 セイコーマートが北海道循環器病院と共同開発
「ステーキ用とうふ」など調理セットや半熟食感の絹厚揚げを発売/相模屋食料