「とうふ屋うかい」を運営するうかいグループは9月3日~28日までの期間限定で、キッコーマンが手掛けるレストラン「キッコーマンライブキッチン東京」(東京・有楽町)に登場し、豆腐メニューを含む特別コースを提供する。

うかいグループは、レストラン運営のノウハウや実績を活かして、同キッチンの運営パートナーとして取り組んでいる。今回、うかいグループ和食事業部統括料理長を務める菊池剛氏、大正時代に創業した東京・新橋の老舗料亭「金田中」の4代目・岡副真吾氏がコラボし、料理ジャンルや技法に捉われず、素材本来のおいしさを引き出すうかいの料理と、美しく繊細な「金田中」の懐石料理のそれぞれのエッセンスと、太陽と水、緑に恵まれた山梨県の食材が融合した特別コースを、実演やトークによる料理ライブと共に提供する。

全8品の特別コース料理は、前菜として「琥珀掛けお揚げ炭火焼湯葉あんかけ」、椀替りとして、とうふ屋うかい名物の「豆水とうふ」などがでてくる。

1人前・税込1万5,000円(サービス料10%・飲料代別)。二氏の共演は、9月3日・10日・17日・24日に実施する。そのほか、菊池氏による料理ライブは、9月4日~6日、11日~13日、25日~27日に予定している。完全予約制。午後6時~9時(料理ライブは午後6時30分~8時30分)。

〈大豆油糧日報 2019年8月27日付〉