〈選べる豆乳アレンジレシピを1日“1020(トウニュウ)杯”無料配布〉
キッコーマン飲料は10月9日~14日までの6日間限定で、豆乳をカップに入れて温めて飲む新提案「ホッ豆乳」を訴求するため、ポップアップショップ「キッコーマン ホッ豆乳Stand(スタンド)」をZeroBase表参道(東京都港区南青山5-1-25)にオープンしている。

「キッコーマン ホッ豆乳Stand」は、ビルをラッピングし、まるで表参道に巨大な「キッコーマン 調製豆乳」が現れたかのような、インパクトのある外観がひときわ目をひく。1日「1,020(トウニュウ)杯」限定で、オリジナルデザインのテイクアウトカップに入れた「ホッ豆乳」の無料配布を実施しており、初日から多くの人の注目を集めていた。
「キッコーマン ホッ豆乳Stand」外観(イメージ)

「キッコーマン ホッ豆乳Stand」外観(イメージ)

オープン初日に開催したメディア内覧会でキッコーマン飲料の藤村公苗社長は、表参道にショップをオープンした狙いについて、「豆乳ユーザーは50代以上が多く、20代など若い世代にも豆乳を伝えたい。この世代はあまりテレビCMを見ないと言われているが、インスタグラムなどSNSで取り上げられれば世界中に発信される。(6月にオープンした)『豆アイスStand』の際も、SNSでかなり話題になった。豆乳のトライアルを獲得すると共に、ライトユーザーをロイヤルユーザーにしていきたい」と話した。
 
さらに、豆乳は上期の構成比が大きいことから、「ホッ豆乳」の提案を通じて、秋冬に豆乳を飲む機会を提供し、年間を通じた需要を創出していくと意気込んだ。加えて、「ホッ豆乳」のポイントについて、「寝る前のリラックスの時間にも適している。コンソメやハチミツ、ショウガといった家にあるもので出来る簡単なアレンジを提案している」と、手軽さをアピール。
 
「キッコーマン ホッ豆乳Stand」1階では、「キッコーマン 調製豆乳」をベースにしたアレンジレシピ(はちみつ生姜・ほうじ茶・コンソメスープの3種)のほか、ホットにおすすめの豆乳飲料1種類(日替わりで替わる)から選んで飲むことができる。
 
なお、2階にはSNSで「写真映え」するフォトスポットを設置。また、タカラトミーアーツとコラボし、累計出荷数50万個を突破した「豆乳ミニポーチおかわり」や、漫画作品「よつばと!」の人気キャラクターが豆乳パッケージになった「豆乳ダンボーコレクション」のガチャを設置している。

タカラトミーアーツ「豆乳ミニポーチおかわり」「豆乳ダンボーコレクション」

タカラトミーアーツとコラボした「豆乳ミニポーチおかわり」と「豆乳ダンボーコレクション」