ヤマモリはこのほど、アマゾンなどのECサイトで、「BOTANIC大豆ミートの濃厚ドリアソース」(140g、税別380円)を発売開始した。大豆のおいしさを閉じ込め、畜肉のような食感に仕上げた大豆ミートを使用し、その他の原料も全て植物性にこだわった。大豆ミートと玉ねぎ、マッシュルームの具が入ったトマトベースの濃厚なソースで、「心と体にやさしく満足感のある食事を届ける」と訴求する。

同社では、新型コロナウイルスの拡大・緊急事態宣言の発令から、外出を自粛し、在宅勤務者が増えていることから、運動量の低下などによる健康懸念が深刻と捉える。その上で、「室内で出来る運動を取り入れることはもちろん、食生活を見直すことでもそのリスクを減らすことが重要」と指摘し、自粛疲れの心と体を癒す商品として提案する。

「BOTANIC」は、「忙しい毎日に、心と体にやさしく、満足感のある食事を」というコンセプトから生まれたシリーズだ。ボタニカル(植物性)な肉である大豆ミートを使い、ソースも素材のうま味や甘みを活かし、植物性原料100%とは思えない、満足感のある味わいに仕上げた。「ごはんにかけて焼くだけの手軽さで、植物素材のやさしさと、心が満たされるおいしさが楽しめる」と強調する。

同シリーズはほかに、香味野菜のうま味に8種類のスパイスが豊かに香る本格的な味わいが特徴の「BOTANIC大豆のお肉のキーマカレー」(155g、同380円)もラインアップしている。

〈大豆油糧日報2020年4月30日付〉