明治は、年々売上が拡大している「明治チューブでバター1/3」が2021年に販売25周年を迎えることを記念し、累計発行部数450万部を超える大人気マンガ作品「逃げるは恥だが役に立つ」とのスペシャルコラボによる、オリジナルストーリーを、5月20日から公開開始した。

「明治チューブでバター1/3」の利便性を生かした10種のレシピを紹介する、海野つなみ先生の「逃げるは恥だが役に立つ」とのコラボレーションによるオリジナルストーリー(1話)を含めた、マンガ家による書下ろし作品(9話)の計10作品を特設サイトで順次公開する。

10種のレシピは、料理研究家・榎本美沙さん開発の、コロナ禍での家事負担の増加や、自分の時間を持てなくなった忙しい子育てママに向けたお助けメニューのほか、料理が得意でないパパやアウトドアシーンでも楽しめるアイデアメニューをそろえた。

加えて、スペシャルコラボレーション限定のオリジナルグッズが当たる「逃げ恥コラボグッズ」プレゼントキャンペーンも開催する。

「明治チューブでバター1/3」は、1996年に発売して以降、「片手で絞れる」「持ち運びに便利」などの特徴を持った利便性と、「キャップ式で密閉性が高い」「冷蔵庫内で場所を取らない」といった保存性の高さから、主婦をはじめ多くの消費者に支持されてきた。また、新型コロナウイルスの流行に伴い、料理をする機会の増加や衛生意識の高まりによるニーズに応える商品として、現在も販売規模の拡大が続いているという。

2021年3月には、ガーリックオイルを使用し適度なガーリック風味に仕立てた「明治チューブでバター1/3ガーリック」を新発売している。

◆「明治チューブでバター1/3」x「逃げるは恥だが役に立つ」特設サイト

〈大豆油糧日報2021年5月31日付〉