マルサンアイは、4月1日出荷分より、豆乳製品(無調整豆乳、調製豆乳、豆乳飲料)の価格改定を実施する。対象商品は、家庭用製品のうち39アイテムで、改定率は3.9%~8.0%の値上げとなっている。

マルサンアイによると、主原料である大豆、包材費の大幅な価格上昇に加え、物流費などの上昇に対しこれまで自社内でコスト削減に努めてきたが、これ以上のコスト吸収は困難な状況であると判断したという。マルサンアイでは、「今後も安全で安心な商品を届けるとともに、コスト削減と経営の効率化に向けた企業努力を重ねていく」としている。

主な商品の改定率は次の通り。

△「有機豆乳無調整」(1000ml)=5.8%
△「毎日おいしい無調整豆乳」(1000ml)=5.2%
△「調製豆乳」(1000ml)=5.2%
△「豆乳飲料麦芽」(1000ml)=5.2%
△「タニタカフェ監修オーガニック無調整豆乳」(1000ml)=6.3%
△「国産大豆の調製豆乳」(1000ml)=6.3%
△「有機豆乳無調整」(200ml)=5.6%
△「調製豆乳」(200ml)=5.6%
△「調製豆乳カロリー45%オフ」(200ml)=5.6%
△「濃厚10%国産大豆の無調整豆乳」(200ml)=8.0%

〈大豆油糧日報2022年1月13日付〉