松屋「極厚200gトンテキ定食」6月11日発売、分厚い豚肉に“にんにくソース”でパンチも食べ応えも満点

松屋「極厚200gトンテキ定食」6月11日発売
松屋「極厚200gトンテキ定食」6月11日発売

松屋フーズが運営する牛丼チェーン「松屋」は6月11日午前10時、一部店舗を除く全国の店舗で「極厚200gトンテキ定食」を発売する。

【関連記事】松屋「ごろごろチキンの和風タルタル定食」5月28日発売、ミツカンコラボで“パワーアップ”した再登場メニュー、3種のお酢の南蛮ダレと濃厚タルタルが相性抜群

松屋の「トンテキ」は、2005年に初登場した。2020年の「松屋復刻メニュー総選挙」では第3位に輝いている、人気の根強い平成レトロメニューだ。

今回発売する「極厚200gトンテキ定食」は、分厚さやボリュームに加えて、舌触りがなめらかでやわらかジューシーな豚肉の香ばしい旨味と、脂身の甘味を感じられる。味付けは“松屋らしさを全力で追及”した『にんにくソース』がポイントで、豚肉から出た旨味と融合し、ごはんともワンプレート上の生野菜とも相性が良いという。ソースの上には、粗みじんの揚げにんにくをトッピングしており、にんにくの風味がより引き立てられるガツンと味に仕上がっている。

松屋「極厚200gトンテキ定食」
松屋「極厚200gトンテキ定食」

【関連記事】松屋「チミチュリソースハンバーグ定食」5月21日発売、アルゼンチン発祥の“魔法のソース”を松屋風アレンジ/松屋の世界紀行シリーズ

価格は、税込1,090円。肉2倍の「ダブル定食」は税込1,890円。各メニューはテイクアウト(持ち帰り)可能。テイクアウトの場合はみそ汁はつかず、別途税込60円で購入する必要がある。

なお、松屋では5月28日から、「ごろごろチキンの和風タルタル定食」の販売を開始している。価格は税込830円。2020年5月に発売された“たっぷりタルタルチキン南蛮焼き定食”が、Mizkan(ミツカン)とのコラボによりバージョンアップしたメニュー。鉄板でふっくらジューシーに焼き上げた鶏もも肉に、松屋特製の“チキン南蛮ダレ”と、甘く爽やかな風味を持つハーブのタラゴンが入った“特製タルタルソース”をかけている。

松屋「ごろごろチキンの和風タルタル定食」
松屋「ごろごろチキンの和風タルタル定食」
媒体情報

食品産業新聞

時代をリードする食品の総合紙

食品産業新聞

食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。

創刊:
昭和26年(1951年)3月1日
発行:
昭和26年(1951年)3月1日
体裁:
ブランケット版 8~16ページ
主な読者:
食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など
発送:
東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送
購読料:
3ヵ月=本体価格12,000円+税6ヵ月=本体価格23,000円+税1年=本体価格44,000円+税