キーコーヒーは、「プレミアムステージ スペシャルブレンド」(200g粉/豆)において、iTQi(国際味覚審査機構)の優秀味覚賞における最高位である“三ツ星”を7年連続で受賞し、コーヒーカテゴリーにおいて世界初(同社調べ)の「ダイヤモンド味覚賞」を受賞した。

キーコーヒーの「スペシャルブレンド」は、1970年の発売以来、支持されているロングセラーブランド。「プレミアムステージ スペシャルブレンド」は中容量帯の豆・粉製品としてラインアップされ、200g以下のレギュラーコーヒー(豆・粉)カテゴリーでトップシェアの商品という。

同社は「プレミアムステージ スペシャルブレンド」のおいしさの理由について、「世界中から厳選した上質な豆」、「豆の状態を見極め、最適な時間や熱量をコントロールする焙煎」、「経験豊富なブレンダーによる、ストレートではたどり着けない味わいや香りを創出するブレンド」、「アロマを逃がさないパッケージ」などを挙げ、受賞商品を通じて「一杯のコーヒーから生まれる喜びや絆を拡げる活動を行っていく」としている。

※iTQi「ダイヤモンド味覚賞」=iTQiの優秀味覚賞において、過去10年間で7回の“三ツ星”を受賞した商品に授与される。

〈食品産業新聞 2018年6月25日付より〉

【関連記事】
・100年企業がひとつのコーヒー豆にこだわる理由 キーコーヒーの原点「トアルコ トラジャ」
・高品質コーヒーの安定供給図る クレドール会で重点方針説明/キーコーヒー
・コーヒーの新加工技術を開発、氷温熟成で香りと味わい向上―キーコーヒー
・コーヒーの消費量 6年ぶりに減少も、"拡大傾向"は継続