キリンビバレッジは8月3日、ファンケルと初の共同開発商品となるフレーバーウォーター「キリン×ファンケル BASE ピーチ&ザクロ」(500mlPET/税別138円)を10月6日から全国発売すると発表した。また、ファンケルの通信販売と全国の直営店で10月20日より販売する。

2019年に資本業務提携を行ったキリングループとファンケル初の共同開発商品。長年人々の健康や美容に向き合ってきたファンケルと、おいしくて安全・安心な飲料を提供するキリンビバレッジがお互いの強みを活かして新発想の飲料を開発した。

同商品は、ファンケル独自の組み合わせである「HTCコラーゲン」、「バラつぼみエキス」に加え、1日不足分の「ビタミンC」を配合し、キリンの飲料開発技術により誕生した新しいフレーバーウォーター。忙しい女性が仕事や家事などの合間にうれしい成分を飲料で手軽に補給することができる、新しい美容習慣を提案する。

商品名の「BASE」には、仕事や家事などに忙しい女性にとっての“よりどころ「BASE」になりたい”という思いを込めたという。

なお、キリンビールからも「キリン×ファンケル ノンアルコールチューハイ 氷零 カロリミット レモン/グレープフルーツ」(各350ml缶/オープン価格)を10月13日から発売されることが同日発表されている。

〈関連記事〉キリン×ファンケル、初の共同開発商品を発売へ、ノンアルコール「氷零 カロリミット」レモンとグレープフルーツ
https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2020/08/2020-0803-1520-14.html


キリングループは、長年培ってきた高度な「発酵・バイオ」の技術をベースにして、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス領域」(ヘルスサイエンス事業)の立ち上げ・育成を進めており、今回の取り組みもその一環となっている。