〈「薪焼きジビエバル YAMAGOYA」オープン〉
イニシエート(大阪市北区、古川雄三社長)は3月1日、「薪焼きジビエバル YAMAGOYA」をオープンした。

ジビエを使ったメニューは約20種類をそろえ、エゾシカ(部位別2種)、猪、牛、鴨の「薪焼き5種盛り合わせ」(1980円)を名物メニューとする。そのほか、6種の「燻製盛り合わせ」(1000円)や「シカコンソメのポトフ」(1180円)など、約50種のフードをそろえる。料理に合わせたワインは常時50種以上をラインアップする。
薪焼き5種盛り合わせ

薪焼き5種盛り合わせ

熟成肉を扱う業態を展開する同社だが、ジビエ専門店は初の出店となる。同店で使用するジビエは冷凍せず、生肉を半頭で仕入れているのが特徴だ。「ジビエ文化を広めたい」とし、価格はリーズナブルに設定、客単価は3000~3500円を見込み、若年層をターゲットとする。

古川雄三社長は「害獣被害への対策や地域活性化などの社会貢献の一部となれば、という思いもある。日常生活の中で気軽に楽しんでもらい、ジビエ料理のおいしさや良さを広めていきたい」と語る。

【店舗概要】
▽店名
=薪焼きジビエバルYAMAGOYA
▽住所=大阪市北区池田町7‐1
▽電話=06‐6136‐1305
▽営業時間=18時~23時30分(土日祝16時~翌2時)
▽席数=56席(1階28席、2階28席)

〈食品産業新聞 2018年3月14日付より〉

【関連記事】
ビール190円、チューハイ150円 "破格の安さ"で挑むコロワイドの新業態
ドムドムハンバーガー、「2027年に100店舗」のビジョン 現状の3倍
ファーストキッチン・ウェンディーズ急拡大、今年中50店 2020年に100店目標
「いきなり!ステーキ」の勢いが「いきなり!ソース」に波及、前年の2倍超出荷