ミスタードーナツはこのほど、宇治抹茶専門店の祇園辻利と共同開発した「抹茶スイートプレミアム」としてドーナツ7品を5月下旬までの期間限定で発売を開始した。

同社と祇園辻利は昨年も共同開発品を展開し好評を得ていた。今回は「深く、抹茶。」をキーワードに抹茶とドーナツの相性を深く追求し、開発した。抹茶の香り、まろやかな苦味を感じられる、生地とチョコに祇園辻利の宇治抹茶を練り込んだり、抹茶との相性がよく抹茶の味わいを際立たせる、シュー生地に黒蜜やきな粉などの和素材を合わせている。

△「黒糖ドーナツ宇治抹茶白玉」(税込194円)=黒糖を練り込んだイースト生地に、あずきと白玉、宇治抹茶を使用した抹茶ホイップをサンドしている。

△「黒糖ドーナツ宇治抹茶わらびもち」(同194円)=黒糖を練り込んだイースト生地に、黒糖ジュレとわらびもち、宇治抹茶ホイップをサンドしている。

△「ドーナツシュー宇治抹茶黒蜜」(同183円)=ふんわりもっちりとしたシュー生地に、黒蜜ジュレと宇治抹茶ホイップをサンドし、きな粉でコーティングしている。

△「ドーナツシュー宇治抹茶あずき」(同183円)=ふんわりもっちりとしたシュー生地に、あずきとホイップクリームをサンドし、宇治抹茶チョコでコーティングしている。

△「ポン・デ・ダブル宇治抹茶」(同151円)=宇治抹茶を練り込んだもちもち食感の、ポン・デ・リング生地に宇治抹茶チョコをコーティングしている。

△「ポン・デ宇治抹茶きなこ」(同151円)=宇治抹茶を練り込んだもちもち食感の、ポン・デ・リング生地にきな粉チョコをコーティングしている。

△「宇治抹茶ホイップ」(同151円)=ふわふわ生地のイースト生地に、宇治抹茶ホイップを詰め、宇治抹茶チョコでコーティングし、きな粉シュガーをふりかけている。

〈大豆油糧日報 2018年4月9日付より〉

【関連記事】
原宿駅に“食べ歩きパフェ”専門店 竹下口改札外すぐ、券売機横に開店
原宿に"超濃厚"ごまアイス専門店 「アイス天ぷら」「厚焼きパンケーキ」提供も/GOMAYA KUKI
京都駅ビルにミートパイ専門店 "和"のスイーツパイも提供
タニタ、楽天と提携し“カフェ”進出、「22年を目途に100店舗」まで拡大の計画