QRAUDは4月18日、大阪市中央区のうなぎ専門店「大阪うなぎ組」で、うなぎとすっぽんを融合させた鍋「うなぎとすっぽんの2段仕込み大阪うなぎ鍋コース」の提供を開始した。コースは前日までの予約が必要で、2人以上から受け付ける。価格は1人前税別6000円。

前菜3種、お造り盛り合わせに続き、メインの大阪うなぎ鍋は、まずすっぽん出汁のスープですっぽんの身を楽しんだ後、それよりも少し濃い割り下を加え、うなぎの頭部とネギや白菜などの野菜を加えると完成する。また、鍋のシメには蒲焼きうなぎ入りの雑炊も用意している。

同店は昨年1月14日に牛タン専門店から業態転換する形でオープンした。国内の指定養殖場から毎日朝引きし、厳選したうなぎを提供している。大阪の繁華街ミナミに近いことから、海外からの観光客が4割を占めるため、英語、中国語、韓国語のメニューも用意している。

水野健料理長は大阪うなぎ鍋コースを始めた理由について、「当店は他のうなぎ店に比べて歴史が浅い。老舗に対して変わった方向性が必要で、すっぽんとうなぎという、出汁が出るもの同士を合わせると面白いと考えた。通常は40~60代のお客が中心なので、若い人に興味を持ってもらいたい。新規顧客の開拓を狙っている」と説明している。

〈食品産業新聞 2018年4月10日付より〉

【関連記事】
・大阪・梅田 お初天神にホルモン専門店 目玉は「こぼれホルモン丼」、海鮮の“こぼれブーム”背景に開発
・大阪・北新地に“エビだけ”の専門店 1日20食「3種の海老フライ食べ比べ」のみ提供
・大阪・天満に“薪焼きジビエ”専門店 エゾシカ、猪、牛、鴨の盛り合わせなど提供
・大阪・京橋にサバ料理専門店 テーマは「サバとコメのテーマパーク」
・大阪・阪急三番街に1000席規模の巨大フードホール誕生 北館地下2階を改装
・大阪ルクア内に“食”の新業態 店内で生パスタ打ち、マグロ解体も/阪急オアシス
・スマホ注文で登録レストランの料理を配達 「ウーバーイーツ大阪」、サービス開始