日本マクドナルドは5月29日まで、利用客の人気投票により次のレギュラーメニューとなるバーガーを決定するキャンペーン「食べて投票! あなたが選ぶレギュラー争奪オーディション」の投票を募集している。

「これまで一度もレギュラーメニューになったことがない」、「過去2年以内に全国発売されていない」という2つのエントリー条件をクリアした商品の中から選出された、幾度となく期間限定商品として登場し根強い人気を誇る3商品「たまごダブルマック」「てりやきチキンフィレオ」「マックリブ」を期間限定販売し、人気投票により1位となった商品を新レギュラーメニューとして販売するもの。投票はパッケージに記載のQRコードに加えツイッターでも受け付けており、話題喚起と来店誘引に繋げる。

日本マクドナルドは、レギュラーバーガー12種類からマクドナルドの日本一のバーガーを決める「第1回マクドナルド総選挙」や店名の愛称を決定する「マックなのか? マクドなのか? おいしさ対決!」など、これまでも顧客参加型の商品キャンペーンを実施してきた。今回のキャンペーンを前に実施した発表会で、同社マーケティング本部の河野辺孝則上席部長は、「今回実施するのは次のレギュラーバーガーをお客様の投票によって決めるマクドナルドらしい、楽しさ満載のキャンペーン。多くのお客様に参加いただき、新たなレギュラーバーガーを決定して欲しい」と呼びかけた。

エントリーバーガーの「たまごダブルマック」(税込390円)は、ジューシーなWビーフとたまごをスパイシーなソースと一緒にサンドした。「てりやきチキンフィレオ」(同360円)は、サクサク衣のチキンパティに人気のてりやきソースを絡めた。「マックリブ」(同390円)は、ジューシーなポークパティにスモーキーなBBQソースをあわせた細長いゴマつきバンズが特長だ。

投票方法は、各エントリーバーガーのパッケージに記載されたQRコードから、レギュラーメニューにしたいバーガーを投票することで100ポイント加算される「食べて投票」と、ツイッターを通じた投票で10ポイントが加算される「ツイートで投票」の2つ。これにツイッターで行われるパティ・ボリューム・ソースの3つの審査結果によるボーナスポイントと、期間中の各バーガーの売上ポイント、特別審査員を務める南海キャンディーズ・しずちゃんの特別ポイントを加算し、17品目のレギュラーメニューを決定する。

【関連記事】
・朝マックに新商品“ベーコンエッグマックサンド”、 “エッグマフィン”は50円値下げ
・マクドナルド「チキンタツタ」初の刷新でソースの卵黄1.5倍 リッチな味に
・マクドナルドで「黒烏龍茶」の販売開始 初のトクホ導入、20円追加でセットにも
・ドムドムハンバーガー、「2027年に100店舗」のビジョン 現状の3倍
・ファーストキッチン・ウェンディーズ急拡大、今年中50店 2020年に100店目標