〈「dancyu」とコラボ、ひとり呑みを至福の時間にする肉と野菜のつまみ〉

味の素冷凍食品は2月11日から家庭用冷凍食品の新商品8品とリニューアル品7品を全国発売、期間限定品1品を5月20日から発売する。新商品のうち「夜九時のひとり呑み」シリーズ6品は2月25日から全国発売する。

「夜九時のひとり呑み」シリーズはグルメ雑誌「dancyu(ダンチュウ)」と共同開発した、「ひとり呑み」を至福の時間にするつまみシリーズ。商品は豚角煮、れもん豚カルビ、よだれ鶏、ヤンニョムチキン、にんにく空芯菜、揚げ茄子の煮浸しの6品で、れもん豚カルビの容量70g以外の5品は80g。グループのタイ工場、味の素ベタグロ・スペシャリティフーズで生産する。

同社によれば、成人人口の約35%が週1回以上家で呑んでおり、その半数が「ひとり呑み」をしている。そのつまみニーズに応える商品を開発した。「夜九時のひとり呑み」シリーズは①「美味しいものをちょっとつまみたい」という想いに応えた1トレイ70~80gの容量②「dancyu」編集部と共同開発した酒に合うことにこだわった味付け。電子レンジ調理向けに調味液と具材が別々に凍結され、「濃縮味しみキューブ」が最後にとけて具材に浸み込む味わい。③豚肉、鶏肉だけではなく、野菜のつまみ(にんにく空芯菜、揚げ茄子の煮浸し)もそろえた。

また、「dancyu」特集号での紹介のほか、「TSUTAYA」「蔦屋書店」「蔦屋家電」の一部店舗では小型の冷凍ケースを置き、メニュー紹介と販売も行う。

〈冷食日報 2018年1月10日付より〉

【関連記事】
新潟の銘酒「久保田」誕生から32年、老舗ブランドの歴史と“新たな進化”とは
25周年を迎えた「しそ焼酎 鍛高譚」、“地産全消”へのカギは“クチコミ”
日本人のための日本のワイン「赤玉」110年の歴史 時代に寄りそう“変化対応”
“業界初”ワンカップサイズのテキーラ 日本のカップ酒をヒントに開発