拡大を続けている惣菜市場の規模が、ついに10兆円を突破した。2017年の市場規模は、前年比2.2%増の10兆555億円。日本惣菜協会が5月23日に刊行した『2018年版惣菜白書』で明らかにしたもの。

2017年の業態別の惣菜市場規模は、専門店・他が前年比0.6%増の2兆9,203億円(構成比29.0%)、百貨店が0.8%減の3,643億円(同3.6%)、総合スーパーが0.7%の増9,212億円(同9.2%)、食品スーパーが3.1%増の2兆6,205億円(同26.1%)、コンビニが3.7%増の3兆2,289億円(32.1%)となり、コンビニと食品スーパーの伸びが顕著だった。

カテゴリー別構成比は、米飯類49.6%、調理パン4.7%、調理麺4.9%、一般惣菜33.9%、袋物惣菜6.8%と米飯類が最も多いものの、年々割合は低下してきている。消費者の購入時選択基準では「おいしさ」「価格」「メニュー」が上位回答となった。

同協会によると2016年における食の市場規模は、10年前(07年)と比較し、内食が19.9%増36兆1,660億円、中食が23.8%増9兆8,399億円、外食は3.3%増25兆4,169億円、食市場合計は13.9%増71兆4,228億円と推計される。「ライフスタイルの変化を反映し、惣菜の利用が大きく増加している」とみる。

〈冷食日報 2018年5月25日付より〉

【関連記事】
・セブンプレミアム「魚惣菜」年間5000万食、"手軽さとおいしさ"で魚消費拡大
・冷凍調理済み食品の市場規模、5年後は5,544億円(16年比5.6%増)の予想/富士経済
・機能志向食品の2018年市場規模、2.0%増の9,317億円予想/富士経済
・冷食産業に高まる成長期待 国内生産体制の増強投資続く
・〈第47回食品産業技術功労賞〉ヤマザキ チルド包装惣菜「もう一品」シリーズ