映画「ウイスキーと2人の花嫁」が、来月より全国で公開される。第二次世界大戦中、スコットランドのエリスケイ島沖で大量のウイスキーを積んだ貨物船、SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースに、ウイスキーをこよなく愛するチャーミングな島民たちと、父と娘の普遍的な愛の物語を描いたハートウォーミングな映画だ。

1月24日には、バーテンダーを招いた試写会を渋谷・ユーロライブで開催。ウイスキー評論家土屋守氏によるトークショーも実施した。また、実際に船に積まれていたウイスキーのひとつ「デュワーズ」が協賛し、ウイスキー試飲付きのスペシャルな試写イベントとなった。

土屋氏は、「世界のウイスキー愛好家でこのエピソードと映画を知らない人はいない。私も1989年、スコットランドを訪れ、SS ポリティシャン号に積まれていたウイスキーを見たことがある。戦争でウイスキーが配給制となった時代、“ウイスキーがない人生は生きるに値しない"と考える島民たちにとって、ウイスキーの欠乏はナチスのU ボート以上に危機だった。実話を元に1947年に小説が発表され、1949年には映画化されたが、10年の年月をかけてリメイクされたもの。原題の“ウイスキーガロア"は、たっぷりのウイスキーという意味で、私が発行している雑誌の名前でもある。スペイサイドでロケされた美しい映像も魅力のひとつ。全編にウイスキー愛があふれ、これほどウイスキーを飲みたくなる映画はない」と話した。

監督:ギリーズ・マッキノン。原作:コンプトン・マッケンジー「ウイスキーガロア」。2016年 イギリス/98分。2月17日 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。公開初日には土屋氏のトークショーやバグパイプ生演奏を一部館で実施。来場者に抽選でウイスキーを進呈する企画も実施する。

〈酒類飲料日報 2018年1月29日付より〉

【関連記事】
小正醸造、「嘉之助蒸溜所」を竣工、ウイスキー事業に参入
“業界初”ワンカップサイズのテキーラ 日本のカップ酒をヒントに開発
「シーバスリーガル」と日本酒のコラボ、中田英寿氏が懸け橋に
日本人のための日本のワイン「赤玉」110年の歴史 時代に寄りそう“変化対応”
1人あたり酒類消費 県別トップ5は東京・高知・宮崎・青森・秋田 大阪・新潟は陥落