日本洋酒酒造組合がまとめた2017年1~12月の国産洋酒出荷は、過去最高を更新して前年比104.6%の266万klとなった。リキュール規格のビール類新ジャンル(発泡酒の税制を考える会調べ)を除けば、109.4%の129万klとなる。

ウイスキーは109.2%と6年連続のプラス。食中酒として、ハイボールが料飲店でも家庭でもますますその地歩を拡大した。また、ジャパニーズウイスキーの世界的な評価の高まりが、メーカーの商品開発を促進し、国内でも波及効果として出ている。

ウイスキーは16年は、原酒の逼迫と出荷調整、主力銘柄の価格改定により、伸び率はやや落ち着き107.7%だったが、17年はまた成長にドライブがかかった。

一方、12月単月では、ウイスキーは99.9%と6カ月ぶりの前年割れ。

〈酒類飲料日報 2018年2月6日付より〉

【関連記事】
1人当たり酒類消費量最多は昨年に引き続き東京、唯一100L越え 前年比では山口がトップで12.9%増―国税庁
「小正醸造 嘉之助蒸溜所」を竣工、ウイスキー事業に参入
クローズアップ 輸入ウイスキーNo.1ブランド「ジムビーム」
「シーバスリーガル」と日本酒のコラボ、中田英寿氏が懸け橋に