独立行政法人酒類総合研究所は17日、平成29酒造年度全国新酒鑑査評会の結果を発表した。

今回は全国から850銘柄が出品。審査は予審が4月24日から26日、決審が5月8日から9日にわたって開催された。入賞酒は421点で、そのうち特に成績が優秀と認められた金賞受賞酒は232銘柄で、兵庫県と福島県が19銘柄で金賞を受賞しトップ。福島県は6年連続で金賞受賞数が日本一となった。
平成29酒造年度全国新酒鑑評会 金賞一覧(関東甲信越)

平成29酒造年度全国新酒鑑評会 金賞一覧(北陸・東海・近畿)

平成29酒造年度全国新酒鑑評会 金賞一覧(中国・四国・九州)

〈酒類飲料日報 2018年5月18日付より〉 

【関連記事】
・IWC2018「SAKE部門」(日本酒部門) 全国97銘柄に“ゴールドメダル”〈受賞酒一覧〉
・ワールドウイスキーアワード 最高賞に「イチローズモルト」「竹鶴」「白州」〈受賞酒一覧〉
・「日本雑穀アワード2018」、甘酒やお菓子も受賞〈金賞一覧〉
・1人あたりの酒類消費 県別トップ5は東京・高知・宮崎・青森・秋田 大阪・新潟は陥落
・純米吟醸酒の出荷量、初めて本醸造酒を上回る/17年の日本酒動向
・清酒の輸出量、8年連続で過去最高 上位3国は米・韓・中 ヨーロッパでも開拓進む
・17年の本格焼酎動向 全体は減少も霧島・雲海好調で宮崎はプラス/九州本格焼酎協議会