イギリスのウイスキー専門誌『ウイスキー・マガジン』が主催する「World Whisky Awards 2018」の結果が22日に発表され、日本産ウイスキーはブレンデッド(限定品)の部でベンチャーウイスキー社「イチローズモルト モルト&グレイン」、ブレンデッド(モルト)の部でニッカウヰスキー「竹鶴17年」、シングルモルトの部でサントリースピリッツ「白州25年」が、それぞれの部で最高賞を受賞した。

〈酒類飲料日報 2018年3月26日付より〉

【関連記事】
2017年1~12月の国産ウイスキー出荷は9.2%増、6年連続の増
日本産酒類輸出 金額・数量とも過去最高
ニッカウヰスキーのブレンダー室長が語る“嗅覚・味覚よりブレンダーに大切な資質
小正醸造「嘉之助蒸溜所」を竣工、ウイスキー事業に参入
アカデミー賞祝賀会で芋焼酎「霧島」シリーズ振る舞われる 日本製アルコール類で初
クローズアップ 輸入ウイスキーNo.1ブランド「ジムビーム」