日本ハムはイミダゾールジペプチド(イミダ)を含有する健康食品「イミダの力」ドリンクが、2月2日にアンチドーピング認証を取得したと発表した。

同認証の取得により、WADA(世界アンチドーピング機関)の禁止物質リストについて検査済みであることが保証され、トップアスリートも安心して活用できるサプリメントであることが認められた。「イミダの力」パウダーは昨年7月に認証を取得しており、「イミダの力」ブランドとして2品目の認証取得となる。「食とスポーツで心と体の元気を応援」をテーマとしている同社では、国内でドーピングに対する法整備の機運が高まっていることから、英国LGC社が審査する国際的なアンチドーピング認証であるInformed-Choice (インフォームドチョイス)の取得を行っており、今春以降の製造商品から、アンチドーピング認証マークを商品パッケージに掲載することを予定している。

〈畜産日報 2018年2月7日付より〉

【関連記事】
東京2020組織委員会、五輪施設での飲食提供のあり方・基本戦略を提示
味の素、平昌オリンピック選手村に和軽食供施設、日本代表選手団をサポート
民間認証・政府認証の是非で議論かみ合わず-五輪組織委パーム油調達WG
明治、ロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平選手とサポート契約更新
綾瀬はるかさんと髙橋大輔さん、平昌オリンピック「応援はコカ・コーラと」