貿易統計によると、18年3月のソーセージの輸入量は23%減の2,318tとなった。米国、タイ、中国、ブラジルと主要国が軒並み減少した。前年3月は、中国、タイは700t台だったが、今回はともに400t台に減少した。その他、EU各国ではデンマーク164t、ドイツ77t、イタリア62tなどとなった。

3月の輸入価格(kg 当たりCIF価格)は、中国産が510円(前月496円)、ブラジル産338円(370円)、米国産が633円(619円)、タイ産574円(565円)となった。今回は、米国産をはじめ各国とも上昇した。

〈畜産日報 2018年5月10日付より〉

【関連記事】
17年加工仕向肉量は2.0%増44.9万t、輸入豚肉3.3%増、国産豚肉4.4%減
中食市場の拡大は輸入鶏肉・調製品の利用増につながる—食肉流通センター研修会
2017年家計調査、生鮮肉類への支出金額は1.6%増、購入数量1.0%増
大阪で新春年頭会議を開催—日本ハム・ソーセージ工業協同組合 関西支部