〈畜肉エキス調味料の新工場は2021年4月稼働を予定〉
伊藤ハムは、三菱商事ライフサイエンスとの共同出資で、畜肉エキスと調味料製品の製造会社である九州エキス株式会社(本社:鹿児島県曽於郡大崎町、鳥居研志代表取締役社長)を昨年11月1日に設立した。1月29日には、鹿児島県曽於郡大崎町と九州エキスの間で、立地協定調印を行った。九州エキスは30億円を投じ、鹿児島県曽於郡大崎町に2020年4月から新工場を建設、2021年4月の稼働を予定している。

九州エキス新工場は、伊藤ハム・グループ会社の隣接地に建設する。近隣の食肉加工場から新鮮な国産の生原料(牛、豚、鶏など)を調達して加工し、付加価値の高い商品の製造を実現する。製造品目は、畜肉エキス(加塩濃縮品、冷凍品)、調味料製品(たれつゆ、ソース、ラーメンスープなど)の加工用・業務用向け原料製品。伝統的なエキス製造技術をさらに進化させ、原材料調達から出荷まで「フードチェーン」の考え方をベースとした品質管理システムや新技術を積極的に採用する。また、地域の畜産資源に付加価値を与えるとともに、地域の雇用創出にも寄与していく。

伊藤ハムは、伊藤ハム米久ホールディングスグループ中期経営計画2020で、事業規模拡大へ成長市場対応強化を掲げており、今回の新規事業領域への参入を通じて、さらなる同社グループの競争力強化を目指す。

三菱商事ライフサイエンスは、畜肉・魚介・野菜などの素材を、独自の抽出・濃縮技術にこだわって製造したさまざまなエキス調味料や、これら技術を応用したソース、風味調味料などを取り揃え、加工食品メーカーや中食・外食の味づくりに貢献してきた。今後のエキス調味料需要の拡大に対応するため、加工、中食・外食向けに、同社の有するエキス製造技術と、伊藤ハムグループの有する畜肉原料調達ネットワークを活用し、今後も安心・安全な原料を使用した高品質な製品を製造していく。

〈畜産日報 2020年1月30日付〉