正月元旦から15日までの間に赤い具をのせたうどんを食べる「年明けうどん」。外食店では期間限定メニューとして提供され、即席めんでは毎年カップめんが、チルドでは赤い具をつけたセットめんや調理めんが発売されている。年末には香川県で「年明けうどん大会」が開催され、全国から「年明けうどん」メニューが集まる。今年は地元香川県でスタンプラリーが開催されるなど、新しい取り組みもみられた。

商標使用の登録を管理している年明けうどん普及委員会(香川県高松市)によると、今年は昨年より9件増え、742件の登録があった。昨年のような伸びではないが、年々登録件数は増加している。

〈杵屋「たこあげうどん」、丸亀製麺「大海老うどん」など好調〉
外食チェーンのグルメ杵屋(大阪市住之江区)は手打ちうどん店「杵屋」など141店舗で「たこあげうどん」(単品830円、税込)を1月1日から20日まで販売した。大阪のたこ焼き店「たこ昌」のたこ焼きとエビの天ぷらをトッピングしたうどんで、正月の定番メニューとして定着してきた。20日までの出数は22,232食、1店舗あたりの1日平均出数は10. 5食で前年より1. 6食多い。100人当たりの出数は6.8食となった。昨年に比べ、ビジネスビル店舗での出数が増えており、一般的な認知度が高まっているといえる。

セルフうどんチェーン大手の「丸亀製麺」は、昨年に引き続き「大海老うどん」(並590円、大690円)、路面店限定で「はまぐりうどん」(並690円、大790円)を1月1日~9日まで、全国(一部店舗のぞく)で販売した。大海老天1本にかまぼこ、梅干し、とろろ昆布をトッピングした「大海老うどん」は新年メニューとして定着してきており、年末には販売予定の問い合わせも入る。「はまぐりうどん」とともに売り上げは好調だった。

〈小売りは苦戦も、即席めん「どん兵衛年明けうどん」はすっかり定着〉
小売では苦戦した。恩地食品(大阪府枚方市)は毎年恒例となった「年明け 梅わかめうどん」(198円)を1日から7日まで発売、売上は前年比10%減となった。同社ではこの時期、通常商品のゆでうどんにも「年明けうどん」のロゴマークを入れて販売しており、認知度向上に貢献する。クリタエイムデリカ(埼玉県越谷市)は昨年「梅かつお」(298円)と「海老天&きつね」(398円)、「お雑煮うどん」( 398円)を発売したが、今年は働き方改革の観点から、従業員の年末年始の休暇拡充を優先、年明けうどん製品の販売を見送った。

即席めんでは日清食品が毎年恒例となった「どん兵衛年明けうどん」(180円)を販売している。今年は流通サイドからの引き合いが強く、17年年末には出荷が完了し、1月上旬には在庫もほぼなくなっている。同社は「予定どおり順調」とコメントした。09年から毎年発売しており、今後も引き続き展開していく考えだ。

〈月刊 麺業界 2018年2月号より〉
「どん兵衛年明けうどん」

「どん兵衛年明けうどん」

今期のカップヌードル・どん兵衛の売上げ過去最高更新見通し=日清食品
九州人の心の味、サンポー食品「焼豚ラーメン」 全国へ意欲
“オンリーワン商品にこだわる”アシストバルール社、「世界No.1社ラーメン」が好評
日本冷凍めん協会 18年は「HACCP対応やプロモーションに注力」