(株)神明(兵庫県神戸市、藤尾益雄社長)と(株)鯖や(大阪府豊中市、右田孝宣社長)は27日、鯖料理専門店「SABAR+なんばシティ」をオープンした。

東京・上野、大阪・京橋に次ぐ3店舗目で、「鯖と米の出会いの原点をたどる御食国(みけつくに)のふるさと」をコンセプトにしており、日本の伝統的な発酵食品である「へしこ」を提供するほか、月替わりでさまざまな産地の米を提供していく。神明は今月1日付で(株)SABAR PLUS(兵庫県神戸市、社長=森竜哉(株)神明商品本部長)を設立、同業態を「外食事業の核としていきたい」とし、今後5年間で50店舗の出店を目標として掲げている。

オープンに先駆けて開催された内覧会では、藤尾社長や右田社長が、店舗に苗のディスプレイを植える「田植え式」が行われた。

藤尾社長は「鯖と米は日本の素晴らしい食文化。この店舗には当社の思い入れが強く入っており、店内の壁には企業理念とお米マップを記した。お米のおいしさを改めて知ってほしい」と語り、今後の展開について「外食はM&Aで展開してきたが、同店は1店目から手作りしてきた。ノウハウも蓄積されてきたので、ロケーションのいいところがあれば出店していきたい。認知度向上のために出店は必要。加速態勢が整ってきている」と意欲を語った。
「鯖・米マップ」など

〈「SABAR+なんばシティ」店舗概要〉
▽所在地=大阪市中央区難波5-1-60なんばシティ南館1F
▽営業時間=11時~22時。

〈米麦日報 2018年4月27日付より〉

【関連記事】
「SABAR+」2店舗目「大阪京橋店」、17年11月9日開店
(株)神明と(株)鯖や出資で新子会社「(株)SABAR PLUS」設立
神明、シンガポールに外食で合弁現法「BTG-Shinmei Venture Pte Ltd」
〈第47回食品産業技術功労賞〉神明 コメ輸出と寿司店の海外展開