米農務省が6月11日に発表した、6月10日現在の米国大豆作付率は、主要18州平均で93%(前週87%、前年91%、平年85%)となり、前年を2ポイント、平年を8ポイント上回った。

同日現在の米国大豆発芽率は83%(前週68%、前年74%、平年69%)と、前年を9ポイント、平年を14ポイント上回った。

〈大豆油糧日報 2018年6月13日付より〉

【関連記事】
・米国大豆3団体が中国の報復措置案に声明発表、大豆などに25%関税引き上げ「米国大豆生産者に壊滅的な影響」
・18年産米国大豆作付意向面積、1%減の8,898万Aと頭打ち-米農務省
・USSECが大豆セミナー開催、インフォーマ社が世界・米国の動向を解説
・納豆業界と米国生産者が「納豆サミット」開催、GMO表示厳格化などで意見交換