マリンフードのマーガリン・バター類の今期売上高は、前年比6.9%増を計画している。進捗状況は、1~4月累計で金額9.9%増、物量7.8%増と順調に推移している。特にNB(ナショナルブランド)「乳酪バター」や、各種PB(プライベートブランド)バターが伸びており、売上増に寄与している。新製品では、フレーバータイプのバターを投入している。

マーガリンでは、強みのフレーバータイプのマーガリンと、健康に配慮した「ヴィーガンソフト160g」を重点販売する。

フレーバーマーガリンのうち、「たらこスプレッド」は17年に、本格フレンチの味を再現できる調味素材「私のフランス料理150g」は18年に大ヒットした。ともに、パン用途以外にも料理全般に使用できる点が支持されている。「私のフランス料理150g」に引っ張られる形で、「私のフレンチトースト160g」も売り上げを伸ばした。

同社ホームページでは、12月~1月「私の燻製バター」、5月~7月「私のフレンチトースト」のインスタグラムキャンペーンを実施し、新規顧客の獲得を図っている。

その他、新元号施行を記念し、5月から10月にかけて、「新元号施行大キャンペーン」を展開中だ。業務用既存商品の販売促進と業務用新規PB獲得を目指す。 対象商品は、8kg缶、2.5kg缶、900gカップ、450gポンドなど。

さらに、「バズレシピ」のツイッター投稿で注目を浴びた料理研究家のリュウジ氏とコラボしたイベントを、東京の二子玉川ライズでこのほど実施。イベントでは、フレーバーマーガリン3種(フランス料理、ガーリックマーガリン、たらこスプレッド)とチーズ(ストリングチーズ)を使用したクッキングショーや試食販売を行った。

〈大豆油糧日報 2019年6月17日付〉