財務省がまとめた2019年6月の輸入通関実績によれば、大豆の輸入量は前年比1.3%増の28万5,258tとなった。米国産は前年を上回ったが、ブラジル産、カナダ産は前年を下回った。菜種の輸入量は同39.6%増の 21万 7,368tとなった。豪州産、カナダ産ともに大幅に前年を上回った。

大豆かすの輸入量は、同26.6%減の12万5,065tとなった。米国産と韓国産は前年を上回ったが、インド産、ブラジル産、中国産は前年を下回った。

〈大豆油糧日報 2019年7月31日付〉