ミツカンと凸版印刷はこのほど、ミツカンが販売している納豆に添付している、押すだけでたれやからしが出せる添付品袋「押すだけプシュッ!と」が、「2019年日本パッケージングコンテスト」で「日本包装技術協会会長賞」を受賞したと発表した。

同コンテストは、日本包装技術協会が主催する、優れたパッケージとその技術を開発・普及することを目的とした、包装分野における日本最大のコンテスト。「押すだけプシュッ!と」は、袋を切って開ける手間がないため手が汚れにくく、簡単にたれやからしがかけられる利便性の高さが評価され、受賞に至ったという。

ミツカンは、納豆市場は健康志向を背景に伸長を続けているが、納豆に対する不満点として、たれやからし袋の開けにくさが上位にあがっていることを受け、6年半の開発期間をかけ、シール部の素材、たれやからしの出口の形状を工夫し、袋の上半分を押すだけで中身が出せる添付品袋を実現した。さらに、使い方を正しく理解してもらえるよう、添付品袋に中身がでる方向を明記するとともに、「切らずに両手でここを押す」「出口を真下に向ける」など、細かな表示を記載している。

〈大豆油糧日報 2019年9月6日付〉