〈10月2日「豆腐の日」に開催〉
全国豆腐連合会は10月2日(豆腐の日)、「第5回全国豆腐品評会」本選を、東京・上野のホテルパークサイドで開催した。本選には、応募総数179社・480点から、全国各地の地区大会を勝ち抜いた84社・143点(木綿部門39点、絹ごし部門41点、寄せ・おぼろ部門45点、充てん豆腐部門18点)が出品された。結果発表・表彰式は、10月26日・27日に岡山市で開催する「第9回ニッポン豆腐屋サミット」で行う。サミット1日目には、本選出品作品の試食会も実施する。

審査は、研究者、省庁関係者、食品産業関係者、JA全農担当者、豆腐議連メンバー、豆腐マイスターなどで構成する審査員26人が、「味」「食感」「香り」「外観」の項目で評価した。審査委員長を務めた、豆腐議連の逢沢一郎氏は、「口の中で噛むと広がる甘みや風味を堪能した。豆腐は植物性たん白の代表格。国によって食習慣は異なるが、おいしいものは共通だ」とし、出品作品を評価するとともに、豆腐の海外での可能性についても述べた。