サントリー食品インターナショナルは、アメリカで人気のエナジードリンク「キックスタート」を自動販売機限定で4月10日から全国発売する。350ml缶で190円での販売を想定。発売にあたり、同社は20代~40代の男性をターゲットに日本独自の中味を開発。エナジードリンクでありながら軽く口当たりの良いグレープ果汁の味わいで、カフェイン、ビタミンB群(ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸)などの成分が含まれる。パッケージのマットブラック(つや消し黒)も、日本独自の仕様となっている。

同商品は、米国で13年に発売され、エナジードリンクと炭酸飲料の中間の味わいが好まれて人気を集めたという。同社では、「"KICK スタート"は直訳で"始動"。何かを始めたり、もうひと頑張りしたい時に飲んでいただきたい。疾走系エナジードリンクとして訴求する」としている。

【関連記事】
「クラフトボス」初年度で1,000万箱突破―サントリー食品インターナショナル
2017年のトクホ茶 販売実績1位はサントリー「伊右衛門 特茶」
サントリー「頂〈いただき〉」、累計1億本を突破
「プレミアムモルツ」で大規模プロモ 250万人にもれなく家庭用サーバーをプレゼント