ポッカサッポロフード&ビバレッジは3月1日、熊本県の小野泰輔副知事を表敬訪問し、2月26日に発売した新商品「熊本おいしい玄米茶」(525mlPET)と、「玉露入りお茶 熊本城復旧応援ラベル」(600mlPET/350mlPET)を贈呈した。

同社の松葉正広九州支社長は、「16年4月の熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、1日も早い復興をお祈りします。熊本県産のおいしい素材を使用した商品を全国のお客様にお届けし、熊本を応援します」と挨拶した。小野副知事は、「素晴らしい商品を作っていただき、くまモン共々御礼申し上げます。今後もお力添えいただけると幸いです」とした。

「熊本おいしい玄米茶」は、原料に使用する米(特別栽培米「森のくまさん」)と茶葉の両方の魅力が揃った地域を探していたところ、熊本県産と出会い商品化できたという。また、「玉露入りお茶 熊本城復旧応援ラベル」は、従来の「玉露入りお茶」でも、同県産の玉露茶葉を一部使用していたが、今回は玉露で同県産100%の使用を実現した。

なお、同社は、両製品の売り上げの一部を熊本城の災害復旧に寄付していく。

〈酒類飲料日報 2018年3月8日付より〉

【関連記事】
「アーモンド・ブリーズ」刷新、“植物性ミルク”の定着目指す/ポッカサッポロフード&ビバレッジ
ポッカサッポロ、乳酸菌と大豆イソフラボンが摂取できる「SOYBIO」紹介―日本アクセス展示会「春季フードコンベンション2018」
サッポロビール新CMに二宮和也さん・篠原涼子さん起用 「麦とホップ」で「シンプルだが本質的なこだわり伝える」 
「続・ビール強化」を掲げ、4年連続前年超え目指す―サッポロビール2018年事業方針