日本交通とネスレ日本は5月17日、車内で美容ケアをしながら帰宅できる「眠れる森の美女タクシー」の運行を開始した。専用ウェブサイトからの予約制で、6月1日までの平日18時から24時限定で運行する。

“乗客を幸せにできる移動空間の提供”を目指す日本交通と、コーヒーでポリフェノールを摂取する習慣を提案しているネスレ日本が組み、コーヒー提供などのサービスとリラックスできる車内空間を整え、乗客が帰宅時間に“美容ケア”を行えるタクシーを実現したもの。

ドライバーは女性。ワゴンタイプの車内には肌触りが良いふかふかのシートを敷き詰め、足元にフットレストを用意し、空気清浄機も設置する。さらに、メイクオフ用のシート、パック、鏡や、身体のマッサージや目元ケアをできるグッズを揃え、乗客は人目を気にせずにメイクを落としたり“美容ケア”ができる。また、美容に大切な夜間の眠りの質を保つため、カフェインレスコーヒーを提供する。

17日に都内で開催した“お披露目会”で、日本交通メディア開発部の金高恩エグゼクティブプロデューサーは、「働き疲れて家に帰ると、化粧を落として眠るだけになってしまうということもある。今回の企画が一人でも多くの働く女性の応援になれば」と述べた。ネスレ日本飲料事業本部レギュラーソリュブルコーヒービジネス部の島川基部長は、「コーヒーを飲むと眠りにくくなるという人もいるため、今回はカフェインレスコーヒーを提供する、昼は通常のコーヒー、夜はカフェインレスと、飲み分けることでポリフェノールと質の良い睡眠をとっていただきたい」などと語った。
「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」

「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」

〈「日本交通×ネスカフェ 眠れる森の美女タクシー」概要〉
△運行日時=5月17日~6月1日の平日、18~24時
△運行エリア=東京23区、三鷹市、武蔵野市
△料金=タクシー運賃のほか、別途予約料金410円・迎車料金410円。高速道路利用の場合は別途通行料
△提供サービス=勤務先または東京駅・品川駅・羽田空港から自宅・宿泊先のホテルまでの送迎、「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め ボトルコーヒー カフェインレス 無糖」1杯を「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」を用い“泡(クレマ)”のアイスコーヒーとして提供
△乗車予約・応募=専用ウェブサイト(https://japantaxi.co.jp/news/cat-app/2018/05/01/app.html)のフォームから(5月17日時点で、5月28日~6月1日分を募集中)
△運行車種・台数=トヨタ エスクァイア2台
△当選人数=1日4枠程度、1枠2人まで

【関連記事】
・"泡"のアイスコーヒー、ハンディサーバーでどこでも手軽に/ネスレ日本
・ネスレ日本とルピシア、フレーバーティーカプセルを共同開発「マスカット」「さくらんぼ」など6種
・“バール”スタイルの「ネスカフェ スタンド」を小田急沿線で展開、玉川学園前駅に出店/ネスレ日本
・「ネコのバス」で保護猫の譲渡会 “乗車券”は「キットカット」、売上を運営費に/ネスレ日本