大塚製薬のインドネシア子会社であるアメルタインダ大塚(AIO)は、炭酸栄養ドリンク「オロナミンCドリンク」を6月1日からインドネシアで発売した。

商品は120mlビンで5000ルピア(約40円)。発売にあたりインドネシア スカブミ工場に、同製品のハラル対応の製造ラインを新設し、製造を開始している。

AIOの板東義弘社長は、「この度のオロナミンCの発売により、新しい健康価値を提案するとともに元気と笑顔を届けてまいります」とした。「オロナミンC」は、1985年から海外展開を開始し、現在では日本を含め世界9カ国・地域で展開している。

〈食品産業新聞 2018年6月7日付より〉

【関連記事】
・“美しく生きる力”応援する「エクエル ジュレ」展開好調、CMも話題に/大塚製薬
・初の外国人女流棋士“カロリーナ”女流1級を「カロリーメイト」で応援/大塚製薬
・カラダづくりサポート飲料「リハデイズ」発売/大塚製薬工場
・大塚製薬、東京・日本橋でセミナー 異業種協業で女性の健康を