ネスレ日本は6月13日から、池田理代子氏の漫画「ベルサイユのばら」とコラボし、顔写真から自動でベルばら風の似顔絵を生成するサービス「アイスクレマで似顔絵メーカー」を、特設WEBサイト上で開始した。アプリをダウンロードすることなく、スマホのブラウザ上で簡単に使用できる。

同社が取り組む「ネスカフェ アイスクレマ プロジェクト」の一環。同プロジェクトは、アイスコーヒーの上にきめ細かいクレマ(泡)がのった「アイスクレマコーヒー」を通じ、新しいアイスコーヒーの楽しみ方を提案するもの。

「アイスクレマで似顔絵メーカー」は、スマホで顔写真をアップロードすると、プログラムが眉や目、鼻や口、輪郭などの顔の特徴を認識して自動で「ベルばら」風の似顔絵を生成。デジタル上で、「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」を使った「アイスクレマアート」を疑似体験できるサービス。生成される似顔絵のパーツは、池田理代子氏が「ベルサイユのばら」をはじめとした作品で描いた、または監修を手がけたものを使用。SNSなどで使える、似顔絵のデコ画像のプレゼントキャンペーンも展開している。

なお、同社は「ネスカフェ アイスクレマ プロジェクト」について、「見た目の楽しさ、口当たりのなめらかさ、香りの良さを体験していただくことにより皆様に笑顔になっていただきたいという想いからスタートした」などと説明している。

【関連リンク】
・「アイスクレマで似顔絵メーカー」特設サイト=https://ice-crema-art.jp/

【関連記事】
・"泡"のアイスコーヒー、ハンディサーバーでどこでも手軽に/ネスレ日本
・コーヒーの消費量、6年ぶりに減少も“拡大傾向”は継続「セブンカフェ」「クラフトボス」など好調
・“日本人のためのコーヒー”、国産の豆で実現へ 鹿児島県・徳之島で苗植え/味の素AGF
・100年企業がひとつのコーヒー豆にこだわる理由 キーコーヒーの原点「トアルコ トラジャ」