KSP-SPの調べで、冷凍農産素材(冷凍野菜)の18年1月8日週、15日週は金額・数量とも前年比約30%増となった。大幅プラスは▽ブロッコリー▽ほうれん草▽おくら▽ねぎ――、プラスは▽えだまめ▽ミックス▽さといも▽いんげん▽そら豆――となった。

KSP-SPはこのほど、KSP-POS を基に分析した17年10月~18年2月の「生鮮野菜高騰の影響」について発表した。売上が大幅に伸びた商品は▽冷凍ブロッコリー▽冷凍ほうれん草▽冷凍おくら▽冷凍ねぎ▽カット野菜▽もやし▽きのこ類全般(しめじ、えのき茸、まいたけ等)――、売上が若干伸びた商品は▽冷凍えだまめ▽冷凍野菜ミックス▽冷凍さといも▽冷凍いんげん▽冷凍そらまめ――だった。17年10月後半から野菜高値傾向にあり生鮮野菜が高騰し、家計を直撃。野菜関連カテゴリーの動向から、主に冷凍野菜やもやし、きのこ類が代替購入されたと推測される。特に▽だいこん▽白菜▽キャベツ▽ほうれん草▽ねぎ▽レタス――が17年11月以降、東京都中央卸売市場では平年比20%増以上の高値となっている。

野菜関連カテゴリーの動向では、金額前年比(週次/全国)の推移により冷凍農産素材、その他農産(きのこ、もやし、カット野菜等)は代替購入が推測される。漬物、野菜ジュースは若干の影響を受け、野菜缶詰はあまり影響がないことがわかった。

その他農産(きのこ・もやし・カット野菜など)の平均価格は、生鮮野菜高騰と同時期に前年比プラス傾向へ、18年2月12日週は金額前年比16%増。大幅プラスは▽カット野菜▽しめじ▽もやし▽えのき茸▽まいたけ――、プラスはその他のきのこ類だった。

〈冷食日報 2018年4月5日付より〉

【関連記事】
17年凍菜輸入量、数量7.0%増で101万tと過去最高更新
中国・海通食品集団、寧波から日本向け凍菜 管理・研究開発に注力 課題は「柱商品の育成」
「フードネットワーク2018 in 大阪」開催 野菜高騰に対応、冷凍野菜を使ったメニューを提案/名給大阪支社
【凍菜リレー月報】せき、関東拠点の貴重な凍菜工場 設備増強へ、家庭用参入も視野